小児歯科について

まずトレーニングからはじめましょう

トレーニング

当院では緊急に治療をしなければならない場合以外は、お子さんの歯科治療は「トレーニング」からはじめていきます。初回から無理には治療しません。まずチェアーに座ってもらい、歯医者さんにある器械や器具を見てもらいながら先生とお話します。

これは「歯医者さんは決して怖いところではない」ということをお子さんに理解してもらうためです。歯ブラシの練習などもしながら歯医者さんの環境に慣れてきたら少しずつ無理なく治療していきます。

歯医者さんに来て先生とトレーニングできたら沢山ほめてあげてください。お子さんは褒められることで自信がつき、歯医者さんで治療をするのが楽しくなるはずです。

歯医者嫌いにならないために

小児歯科

大人になっても歯医者が苦手という方は多いようです。
その原因は幼少期に体験した歯医者での辛い治療がトラウマになっていることが少なくありません。

当院では幼少期の時にこそ歯医者さんを好きになってもらいたいと考えています。子供のころから定期的に歯医者さんで検診を受けることで、虫歯がない良い環境を維持することができます。検診でたとえ虫歯が見つかったとしても、早期発見になるので虫歯が小さなうちに治療できます。小さな虫歯というのは麻酔を使う必要もなく、お子さんの負担も少なく治療できることがほとんどです。

幼少期から虫歯を作らないというお口の環境にしていき、それを継続することによって将来大人になっても健康な歯を手に入れることができます。乳歯のうちから虫歯が多いと後々生えてくる永久歯も虫歯になりやすくなり、歯並びにも悪影響を及ぼすこともあるのです。ぜひ幼少期の早いうちから歯の定期健診を習慣にすることをおすすめします。

子供の虫歯予防

歯ブラシ指導・フッ素塗布

歯ブラシ指導・フッ素塗布

最近はめずらしくない歯のフッ素塗布ですが、大事なのは適切な歯ブラシをした後やクリーニング後の歯にフッ素を塗ることです。キレイになった歯にフッ素を塗ることでフッ素が浸透しやすく、歯の質を強くし虫歯になりにくくします。当院では15歳までのお子さんのフッ素塗布は無料で行っています。

歯磨き指導についても、お子さんが楽しく上手に歯磨きができるよう歯科衛生士が丁寧にわかりやすく指導させていただきます。難しく思われがちなお子さんの仕上げ磨きについても、親子で楽しみながらできるようアドバイスさせていただいています。

シーラント処置

シーラント

奥歯の噛む面には前歯と違い複数の溝が存在します。この溝は歯ブラシの毛先が届きにくく、とても虫歯になりやすいところです。虫歯になる前に歯の溝にプラスチックの白い詰め物を埋めていく処置が「シーラント」という保険適用の予防処置です。

乳歯の奥歯にも行っていますが、特に生えたばかりの永久歯の奥歯は溝が深いことも多いので「シーラント」はおすすめの虫歯予防処置といえます。歯を削る必要がないので安心して施術できます。

0877-25-3515[ 診療時間 ] 9:00-12:30 / 14:00-19:00(土17時まで)
[ 休診日 ] 木曜午後・日曜・祝日

〒763-0054 香川県丸亀市中津町912-2

診療時間

土曜午後は17時まで