ご家族に通っていただける痛くない・怖くない治療を目指して

家族

「歯医者さんは怖い」「痛い」イメージをお持ちの方、またそれによって、歯医者さんに行くのが遠のいてしまっている方も、少なくないと思います。当院では、患者さんにストレスなく快適に毎回通院して頂けるよう、どんな場面でも心がけています。

まず、患者さんのお口の中がどのような状態でむし歯や歯周病がどのくらい進行しているのか、そしてこれからどんな治療が必要なのか、来院回数や、治療期間、治療費用など、患者さんご自身が納得できるように、丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。

これは安心して通院いただくためにとても大切なことです。

患者さんがもつ歯科治療に対する不安や恐怖心を取り除いて差し上げる、それが治療の第一歩ともいえます。もちろん、ご質問があれば遠慮なくお申し付けください。

どんな小さな治療でもあなたの大切な歯の治療です。患者さんが「痛い」「怖い」「不安」という気持ちにならないよう、常に患者さんの立場になって考え、治療に取り組んでいます。

無痛麻酔の方法

歯医者さんで「怖い」イメージであげられる一つが「麻酔」だと思います。当院では「麻酔」にも最善の注意をはらっています。

表面麻酔

表面麻酔

麻酔をするとき、針のチクッとするイヤな感じを体験したことのある方も多いかと思います。それを緩和してくれるのが「表面麻酔」です。

「表面麻酔」は当院ではゼリー状の表面麻酔を使用しています。歯肉や粘膜に塗り、数分放置してから麻酔をすることで、チクッとした感覚をかなり和らげることができます。

麻酔の液をあたためる

ウォーマー

麻酔に使う液を人肌程度に温めることで、麻酔時の痛みが緩和されます。冷えている麻酔液は痛みを伴ってしまうので、しっかりとウォーマーという器械で温めて使用します。

注射の針は細いものを使用

細小の滅菌針

太い針は痛みを感じやすいといわれています。当院で使用しているのは細小の滅菌針です。歯科で使用する針の種類としては、33Gという一番細いものになります。

ゆっくりと麻酔します

時間

麻酔の注射というのは、急いで行うと痛みを伴うものです。ゆっくりとやさしく行うことでかなりの痛みの軽減が可能です。もちろん患者様のご様子をみながら無理なく麻酔していきます。

当院の治療は、麻酔をはじめ歯を削っている時でも、痛みがないかどうかお声をかけ、患者さんのご様子を見ながら治療いたします。不安感や痛みがある場合は我慢せずに、治療の途中であっても遠慮なくお声がけください。無理に治療を進めることはいたしませんので安心していただいて大丈夫です。

わたしたちと一緒にお口の中を健康にしていきましょう。

ドクターより

歯科医師

表面麻酔などの道具ももちろん大事ですが、とにかく患者さんが痛がっているのを見るのが嫌なんです。本当にそこが僕自身のストレスになってしまうんです。患者さんに対しては毎回痛みなく終わることを心がけていますし、どんな些細な治療でも痛みが少しでも発生するリスクがあると判断した場合は、事前に患者さんに説明して治療をするかしないか決めてもらっています。

痛みのない治療をするということは、患者さんが通っていただけるモチベーションにもなります。通っていただけると1回の対処療法よりは確実に改善していきますし、双方にとってハッピーだと思うので「痛み」については気を付けなければならないポイントです。

0877-25-3515[ 診療時間 ] 9:00-12:30 / 14:00-19:00(土17時まで)
[ 休診日 ] 木曜午後・日曜・祝日

〒763-0054 香川県丸亀市中津町912-2

診療時間

土曜午後は17時まで