当院では丸亀市の「妊産婦検診」が受けられます。

丸亀市妊産婦検診

妊娠中の妊婦さんのお口の中は妊娠していない時にくらべトラブルが起こりやすくなります。個人差はありますが唾液の分泌量が少なくなるため、歯磨きが不十分だと虫歯や歯周病になりやすいのです。また歯肉が出血しやすい状態でもあります。

ぜひ妊娠中に歯科検診を受け、ご出産に備えましょう。

妊娠中のお口の中の変化

  • 唾液に粘りがでて唾液の量が減る
  • 口が乾きやすい
  • つわりで気分が悪く、歯磨きがうまくできない
  • 食事の回数が増え、お口の中がすっきりしない
  • 冷たいものや熱いものがしみるときがある
  • 親知らずがうずく
  • 口臭が気になる

これらの症状をほうっておくと、虫歯や歯周病になりやすく歯周病にかかると低体重児や早産の可能性が高まるといわれています。

妊産婦検診の手順

母子保健ガイドブック

丸亀市の「妊産婦検診」をご希望の方は、母子保健ガイドブックに添付されている「妊婦歯科健康診査受診票」を1枚切り離し、母子健康手帳と一緒にお持ちください。お手数でなければ、ご来院前にお電話でご予約いただくとよりスムーズに受診できます。できるだけ体調の良い日をご予約ください。

当院では院内土足の歯科医院ですのでスリッパに履き替える手間がなく、靴のまま院内に入って頂けます。まだ小さなお子さまがいるご家庭もバリアフリーですのでベビーカーでの来院も可能です。

検診・カウンセリング

カウンセリング

検診はまず患者さんの問診を行います。今どんなご様子なのかお聞かせください。妊娠中は体調の変化も著しく、つわりがあるとさらに大変かと思います。検診は診療のチェアーを倒しすぎないよう、患者さんのご様子をみながら無理のない体勢で行います。ご気分が悪くなった時は遠慮なくお声がけください。ドクターも歯科衛生士も最善の注意を払い対応させていただきます。

レントゲン撮影は極力必要性が高い場合のみ行いますが、当院のレントゲンのX線被ばく量はごく微量です。さらに撮影時はX線を遮断する防護着を身体におかけしますのでおなかの赤ちゃんには影響ありません。しかし、中には気にされる方もいらっしゃいますので、検査、治療ともに患者さんとご相談しながらすすめていきます。

治療

治療

妊娠初期はつわりがひどい方も多く治療も大変です。また妊娠後期においてはおなかが大きくなり治療時の体勢が大変なことなどから基本的には妊娠初期と妊娠後期は応急処置で対応させていただきます。妊娠4~7か月の安定期であれば、特に問題なく治療が可能です。

治療に使用する麻酔に関しては、歯科麻酔は局所麻酔なので使う麻酔の量はごく少量です。おなかの赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありませんのでご安心ください。

妊娠中は「妊娠性歯肉炎」にもなりやすく、お口の中をクリーニングしお口の中の環境を良くしておくのも重要です。「妊娠性歯肉炎」とは妊娠によって女性ホルモンが増加し、それによりお口の中の歯周病菌も活発しやすくなり、歯肉が腫れてしまったり、歯肉から出血する炎症をいいます。

妊娠中に歯肉が腫れる歯肉炎をおこすと、早産や低体重の赤ちゃんが生まれるリスクも高まるといわれています。妊娠中の今のうちにしっかりお口の中のケアをしておき、赤ちゃんと会える日にそなえておきましょう。

0877-25-3515[ 診療時間 ] 9:00-12:30 / 14:00-19:00(土17時まで)
[ 休診日 ] 木曜午後・日曜・祝日

〒763-0054 香川県丸亀市中津町912-2

診療時間

土曜午後は17時まで